石川県立金沢錦丘中学校の中学入試情報・受験対策

石川県立金沢錦丘中学校の受験対策

難易度

石川県立金沢錦丘中学校は、金沢市窪にある併設型の公立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は56程度となります。卒業生は、金沢大学をはじめとする国公立大学や、早慶上智、関関同立などの私立大学へ進学しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

石川県立金沢錦丘中学校の入試は、科目ごとに分かれた試験ではなく総合適性検査Ⅰ、総合適性検査Ⅱ、面接で実施されます。総合適性検査Ⅰは、読解力や表現力などの言語に関する力をみる試験となり、総合適性検査Ⅱは問題解決力や思考力など、自然や社会、数理に関する力をみる内容となります。「書く力」を重視した試験となっているため、各科目の基礎知識を身につけた上で記述対策を行いましょう。複数年分の過去問演習に取り組み、出題傾向や形式に慣れておくことが大切です。

 

 

石川県立金沢錦丘中学校の入試情報

入試科目・配点

《入学者選抜》

総合適性検査Ⅰ(55分)

総合適性検査Ⅱ(55分)

面接

 

参照:令和5年度 石川県立中学校入学者募集要項

 

 

石川県立金沢錦丘中学校基本情報

公式サイト

石川県立金沢錦丘中学校:https://cms1.ishikawa-c.ed.jp/nisikj/

 

基本情報

創立年

2006年

石川県立金沢錦丘中学校 所在地情報

〒921-8151  石川県金沢市窪6丁目218

教育理念

教育目標

高い志を育み、豊かな心と知性、健やかな身体を培い、地域や国家、国際社会の持続可能な発展に貢献できる人材を育成します。

 

引用元:石川県立金沢錦丘中学校-学校紹介

 

中学校の特徴

石川県立金沢錦丘中学校は、「弘毅篤学」を校訓とする中高一貫教育校です。自律的に学び続ける生徒を育成するため、主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)や一人一台端末を取り入れた先進的な授業を実施するとともに、学校独自教科として、「コミュニケーション英語」「コミュニケーション国語」「アドヴァンス数学」を開設しています。また、常に自らのキャリアを意識できる生徒を育てるため、SDGs課題研究や職場体験・企業訪問なども実施しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの石川県立金沢錦丘中学校受験対策

石川県立金沢錦丘中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、石川県立金沢錦丘中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。