カリタス女子中学校の中学入試情報・受験対策

カリタス女子中学校の受験対策

難易度

カリタス女子中学校は川崎市多摩区にある完全型の私立女子中高一貫校で、偏差値は54程度となります。生徒一人ひとりが自分のミッションを探求していく「夢実現プロジェクト」により、社会と繋がり視野を広げることで、自分の進路を深く考えることのできる環境が整っています。卒業生は国公立や難関私立大学だけでなく、海外大学へも進学しています。

入試の特徴勉強のポイント

カリタス女子中学校の一般入試は4日程あり、受験回によって科目数が異なるため入試要項を確認しておきましょう。難易度は全体的に標準レベルとなります。理科と社会の試験時間が30分と短めなので、時間配分に注意が必要です。各科目、過去問演習をしっかり行い出題傾向に慣れておくと良いでしょう。

 

カリタス女子中学校の入試情報

【一般入試】

《第1回》
〇募集人数
約30名

〇試験科目・配点・時間
国語100点(50分)、算数100点(50分)、社会50点(30分)、理科50点(30分)

〇判定
4科目の合計点で判定します。

 

《第2回》
〇募集人数
約35名

〇試験科目・配点・時間
国語100点(50分)、算数100点(50分)

〇判定
2科目の合計点で判定します。
※複数回受験者を優遇します。
※一般入試を2回とも受験した場合、国・算それぞれの科目で、高い回の得点を判定に使用します。

 

《第3回》
〇募集人数
約30名

〇試験科目・配点・時間
国語100点(50分)、算数/理科/英語から1科目100点(50分)

〇判定
2科目の合計点で判定します。
※複数回受験者を優遇します。
※一般入試を2回以上受験した場合、国・選択(算・理)それぞれの科目で、最も高い回の得点を判定に使用します。

 

《第4回》
〇募集人数
約15名

〇試験科目・配点・時間
国語100点(50分)、算数100点(50分)、社会50点(30分)、理科50点(30分)

〇判定
4科目の合計点で判定します。
※複数回受験者を優遇します。
※一般入試を2回以上受験した場合、国・算・社・理それぞれの科目で、最も高い回の得点を判定に使用します。

【帰国生入試】

《12月試験》
〇募集人数
特に定めず

〇試験科目・配点・時間
作文(日本語)50点(40分)、算数50点(30分)、英語/フランス語100点(50分)、面接

※2年以内に、英語検定2級以上、フランス語検定2級以上、またはそれらに相当する資格等を取得している場合は、外国語の試験は免除となります。
※英語検定以外の資格等では、TOEIC:550~600点、TOEFL iBT:61~68点、CEFR B1が、英語検定2級に相当するとされています。フランス語検定以外では
DELFのB1が2級に相当するとされています。(その他のテスト・資格等については出願までにお問い合わせください。)

〇判定
3科目の合計点と面接で判定します。

 

《12月オンライン試験》
〇募集人数
特に定めず

〇試験科目・配点・時間
作文(日本語)50点(40分)、算数50点(30分)、英語/フランス語100点(40分)、面接

※2年以内に、英語検定2級以上、フランス語検定2級以上、またはそれらに相当する資格等を取得している場合は、外国語の試験は免除となります。
※英語検定以外の資格等では、TOEIC:550~600点、TOEFL iBT:61~68点、CEFR B1が、英語検定2級に相当するとされています。フランス語検定以外では
DELFのB1が2級に相当するとされています。(その他のテスト・資格等については出願までにお問い合わせください。)

〇判定
3科目の合計点と面接で判定します。

 

《2月試験①午前、午後》
〇募集人数
若干名

〇試験科目・配点・時間
国語100点(50分)、算数100点(50分)、面接

〇判定
2科目の合計点と面接で判定します。
※複数回受験者を優遇します。
※帰国生入試2月試験を2回以上受験した場合、国・算それぞれの科目で、最も高い回の得点を判定に使用します。

 

《2月試験②午後》
〇募集人数
若干名

〇試験科目・配点・時間
国語100点(50分)、算数/理科/英語から1科目100点(50分)、面接

〇判定
2科目の合計点と面接で判定します。
※複数回受験者を優遇します。
※帰国生入試2月試験を2回以上受験した場合、国・算それぞれの科目で、最も高い回の得点を判定に使用します。

 

《2月試験③午前》
〇募集人数
若干名

〇試験科目・配点・時間
国語100点(50分)、算数100点(50分)、面接

〇判定
2科目の合計点と面接で判定します。
※複数回受験者を優遇します。
※帰国生入試2月試験を2回以上受験した場合、国・算それぞれの科目で、最も高い回の得点を判定に使用します。

 

参照:カリタス女子中学校 2022年度 入試要項 一般入試・帰国生入試

 

カリタス女子中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問5題構成で大問1は計算問題、大問2以降は応用問題となります。速さ、場合の数、グラフや図形問題が頻出で、応用問題では途中式を書かせる記述式問題も出題されます。過去問演習で出題傾向と、ペース配分の確認を行いましょう。

国語の傾向と対策

例年、大問2題構成で読解問題が2題出題されます。知識問題は読解問題の中に小問として含まれています。解答形式は、記号選択や抜き出し、字数制限のある記述問題となっているため、過去問演習で出題傾向を把握しておきましょう。

理科の傾向と対策

例年、大問5題構成で地球、生命、エネルギー、物質からまんべんなく出題されます。難易度は標準レベルとなるため、合格ラインが高くなります。試験時間も短いのでスピードを意識しつつも、ひとつのミスが命取りとなるため、丁寧な解答を心がけましょう。

社会の傾向と対策

例年、地理・歴史・公民からまんべんなく出題されます。解答形式は、大半が記号選択と漢字指定の適語記入となりますが、一部短文記述問題も含まれます。時事問題も出題されるため、日ごろからニュースや新聞などから情報を取り入れ、自分の考えを述べる練習をしておきましょう。

 

カリタス女子中学校基本情報

公式サイト

カリタス女子中学校:https://www.caritas.ed.jp/

基本情報

創立年

1961年

生徒数

574名(2021年6月現在)

カリタス女子中学校所在地情報

〒214-0012 神奈川県川崎市多摩区中野島4丁目6-1

教育理念

【4つの心】
カトリック学校であるカリタスでは、キリスト教の価値観と創立者の精神に基づいて教育を行っています。
その教育理念は、「祈る心」「学ぶ心」「交わる心」「奉仕する心」という「4つの心」で表されます。

 

・祈る心
神に心を開き信頼する人間を育てる教育

 

・学ぶ心
一人ひとりの可能性を十全に伸ばす教育

・交わる心
普遍的愛の心を育てる教育

 

・奉仕する心
福音的社会をめざして奉仕する人間を育てる教育

 

引用元:カリタス女子中学高等学校-4つの心

中学校の特徴

カリタス女子中学校は、「朝の祈り」や「カトリック倫理」の授業を行うなどカトリックの精神に基づいた人間教育により「豊かな人間性を持った人間」の育成を目指しています。また「自ら学び、探究する人間」を育てるため、週に1時間「i-Time」という探究的な学びの時間を設けているほか、理科の「タマロジー(Tamalogy)」(多摩川や多摩丘陵についての学習)を始め、各教科でも研修やフィールドワークが行われています。グローバル教育にも力をいれており、「外国語発表会」や「Global Village for Students」(ネイティブの留学生(大学生)との交流)などのプログラムや海外グローバル研修が用意されています。母体の修道会がフランス語を公用語とするため、中学では英語とともにフランス語が必修となっています。

 

オンライン家庭教師Wamのカリタス女子中学校受験対策

カリタス女子中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、カリタス女子中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。