神奈川大学附属中学校の中学入試情報・受験対策

神奈川大学附属中学校の受験対策

難易度

神奈川大学附属中学校は横浜市にある完全型の私立男女共学中高一貫校で、偏差値は61程度となります。中1から人生設計をスタートさせ、6年一貫教育によって生徒一人ひとりが強い目的意識を持ち、自己実現を目指すサポート体制が整っています。卒業生は、難関国公立や私立大学のみならず海外大学へも進学しています。

入試の特徴勉強のポイント

神奈川大学附属中学校の入試は、第1回が国語と算数の2科目、第2回・第3回は、国語・算数・理科・社会の4科目の受験が必要になります。難易度は標準~やや難レベルとなるため、基礎知識をしっかりと身につけ応用問題も対応できるよう準備をすることが大切です。複数年分の過去問演習で出題傾向に慣れておくと良いでしょう。

 

神奈川大学附属中学校の入試情報

【入学試験】

第1回入学試験

〇募集人員

男女60名

〇検査教科・試験時間・配点

国語(50分)100点

算数(50分)100点

第2回入学試験

〇募集人員

男女120名

〇検査教科・試験時間・配点

国語(50分)100点

算数(50分)100点

理科(40分)75点

社会(40分)75点

第3回入学試験

〇募集人員

男女20名

〇検査教科・試験時間・配点

国語(50分)100点

算数(50分)100点

理科(40分)75点

社会(40分)75点

帰国生入試

〇募集人員

男女若干名

〇検査教科・試験時間・配点

算数(50分)100点

英語(50分)100点

 

神奈川大学附属中学校 2022年度生徒募集要項

 

神奈川大学附属中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問6題構成となっています。大問1.2は計算問題と小問集合ですが、特殊算や図形などの応用問題が出題されます。大問3以降は思考力を問う問題が出題されるため、苦手分野を作らないよう基礎知識をしっかりと身につけることが大切です。一部、作図や考え方を書く記述問題も含まれますので、過去問演習で傾向に慣れておくと良いでしょう。

国語の傾向と対策

例年、大問3~4題構成で難易度は標準~やや難レベルとなります。解答形式の大半は記号選択となっていますが、記述問題や作文問題も出題されます。漢字問題も大問の1つとして出題されるため、毎日コツコツ学習しましょう。過去問演習で出題傾向に慣れておくことも大切です。

理科の傾向と対策

例年、大問4題構成で各分野からバランスよく出題されます。実験や観察に関する問題が頻出となるため、重点的に学習すると良いでしょう。単に語句を暗記するだけでは解けない問題が多数出題されます。教科書だけでなく資料集なども活用し、本質から理解することが重要です。

社会の傾向と対策

例年、大問3題構成で各分野からまんべんなく出題されます。重要語句など基礎知識の定着が問われるため、その出来事の背景知識と共に正確に理解しておきましょう。図表や資料の読み取り問題も出題されるため、教科書だけでなく資料集なども活用し学習することが大切です。

 

神奈川大学附属中学校 基本情報

公式サイト

神奈川大学附属中学校:https://www.fhs.kanagawa-u.ac.jp/

基本情報

創立年

1985年

生徒数

706名(2021年4月現在)

神奈川大学附属中学校 所在地情報

〒226-0014  神奈川県横浜市緑区台村町800

教育理念

質実剛健

生活において飾り気がなくまじめであり、剛健とは心身ともに強く健全であること。

積極進取

何事にも積極的に、自ら率先して行動する態度、あるいはチャレンジ精神。

中正堅実

一方に偏ることなく、物事の本質を見極めようとする態度。 

 

引用元:神奈川大学附属中・高等学校 学校紹介 教育理念

中学校の特徴

神奈川大学附属中学校は、男女共学の中高一貫校です。中1から高3までを「成長期」「発展期」「飛躍期」の3ブロックに分け、無理のない先取り教育を実施しています。また2021年度より3学期制と月・火の7限を導入しており、効率の良い学習を行っています。大きな特徴の1つとして「異文化理解」と「共生の理解」を目指すため校外学習や海外・国内研修に積極的に取り組んでいることがあげられます。また全学年で年に6回、語彙力を養うことを目的とした「英単語コンテスト」の実施や、専用にカスタマイズされたe-ラーニング・システム College Pathwayを導入した学びなどさまざまな英語教育を展開しており、生徒は英語4技能を楽しみながら身につけることができます。

 

オンライン家庭教師Wamの神奈川大学附属中学校受験対策

神奈川大学附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、神奈川大学附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。