洛星中学校の中学入試情報・受験対策

洛星中学校の受験対策

難易度

洛星中学校は、京都市北区にある私立男子中高一貫校で、偏差値は69程度となります。完全型の中高一貫校のため、高校からの募集はありません。例年、京都大学へ多くの合格者を輩出しており、東京・大阪・神戸大学などの国公立大学や早慶上理、関関同立などの難関私立大学への進学実績も多数あります。

 

入試の特徴勉強のポイント

洛星中学校の入試は前期日程と後期日程で実施され、どちらも国語・算数・理科・社会の4教科型か、国語・算数・理科の3教科型のいずれかを出願時に選択して受験します。例年、後期日程の実質倍率は約5倍となり、前期日程よりも受験難易度が高くなっています。試験問題は近年、難化と易化を繰り返しています。複数年分の過去問に取り組み、出題傾向や形式、難易度を把握しておきましょう。

 

 

洛星中学校の入試情報

◆前期日程

〇募集人数:約180名
(ノートルダム学院小学校カトリック校特別選抜制度による8名まで、カトリック信者特別奨学制度による2名までを含む)

 

〇選考方法
〈学科テスト〉
4教科型:国語(120点・60分)・算数(120点・60分)・理科(100点・50分)・社会(100点・50分)

3教科型:国語(120点・60分)・算数(120点・60分)・理科(100点・50分)

 

※440点満点で判定(3教科型は合計点340点満点を440点満点に換算)
※出願時に4教科型、3教科型いずれかを選択

 

◆後期日程

〇募集人数:約45名

 

〇選考方法
〈学科テスト〉
4教科型:国語(120点・70分)・算数(120点・70分)・理科(80点・40分)・社会(80点・40分)
3教科型:国語(120点・70分)・算数(120点・70分)・理科(80点・40分)

 

※400点満点で判定(3教科型は合計点320点満点を400点満点に換算)
※出願時に4教科型、3教科型いずれかを選択

 

参照:洛星中学校 洛星高等学校:入学案内 2022年度洛星中学校入学試験

 

 

洛星中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問4~6題で構成されており、解答用紙には答えのみを書く形式となっています。途中式や考え方を書く問題がないため、正確な計算力を身につけ、ケアレスミスをしないよう丁寧な解答を心がけましょう。図形と速さ、規則性の問題は頻出分野のため、重点的に学習することが大切です。やや時間のかかる難問が出題されることもあるため、解ける問題から解答し、確実に得点に繋げることを意識しましょう。

 

国語の傾向と対策

例年、大問2~3題で構成されており、長文読解と知識問題の出題となっています。長文読解は文章が長く、字数制限のある記述と制限のない記述問題が多く出題されることが特徴です。普段から長文の内容を正確に把握し、自分のことばでまとめる練習を行いましょう。知識問題は、漢字の書き取りが10問出題されます。コツコツと学習し、多くの知識を定着させておきましょう。

 

理科の傾向と対策

例年、大問4題構成で、化学・物理・生物・地学の各分野から1題ずつの出題が続いていましたが、2021年度では大問5題構成となり、化学分野が2題出題されました。難解な計算問題はありませんが問題数が多いため、丁寧に素早く解答する必要があります。また例年、問題文が非常に長いため、複数年分の過去問に取り組み、出題形式に慣れておきましょう。

 

社会の傾向と対策

例年、地理・歴史・公民の各分野から出題され、地理・歴史の比重が大きくなっています。解答形式は、記述式や記号選択、論述、並び替え問題など多岐にわたります。学習する際は、用語や人物などはできるだけ漢字で覚えておきましょう。時事問題が出題されることもあるため、普段からニュースや新聞に目を通し、ここ数年分の情報を確認しておくことが大切です。

 

 

洛星中学校基本情報

公式サイト

洛星中学校:https://www.rakusei.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1952年

生徒数

674人(高校含む全校生徒:1,322人)(2021年度)

洛星中学校 所在地情報

〒603-8342  京都市北区小松原南町33

教育理念

「キリスト教カトリック精神に基づく “ 全人教育 ”」

 

引用元:洛星の概要:洛星中学校 洛星高等学校

 

中学校の特徴

洛星中学校は、1952年にヴィアトール教育修道会によって創立された、カトリック系の完全中高一貫男子校です。カトリックの精神に基づく「全人教育」によって心・頭・身体をバランスよく養い、社会に貢献できる人材を育成しています。宗教の授業、宗教研究、行事などを通して、人間尊重の精神を養う宗教教育をおこなっています。各学年で全クラスを同じ教員が担当するため、各教科における統一された指導が特徴です。少人数制の分割授業を取り入れ、必要に応じて放課後に補習を実施するなど、丁寧な指導を行っています。

さらに、夏期休暇中にも補習・講習を開講しており、ほとんどの生徒が参加します。部活動については、全員がいずれかのクラブに所属することになっており、文化クラブは21、体育クラブは17あります。

 

 

オンライン家庭教師WAMの洛星中学校受験対策

洛星中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、洛星中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。