成蹊中学校の中学入試情報・受験対策

成蹊中学校の受験対策

難易度

成蹊中学校は東京都武蔵野市吉祥寺北町にある偏差値63~68程度の共学校です。一人ひとりが多様な個性、才能を自覚する教育により、それぞれの教科では高い専門知識を持った教員が授業を行っています。それにより、国立大学、難関私立大学だけでなく医歯薬系や芸術系などの様々な大学への合格実績があります。

 

入試の特徴勉強のポイント

成蹊中学校は入試方式によって試験内容が異なるため、入試要項をしっかりと確認しましょう。

記述問題の出題が多い傾向にあるため、問題集や過去問を活用して要点を的確にまとめる力を養っておくことが大切です。

 

 

成蹊中学校の入試情報

【一般入試】

《第1回》

・募集人員

男子約 45 名  女子約 40 名

 

・試験科目 4科目(国語・算数・理科・社会)300点満点

国語(100点 /50分)

算数(100点 /50分)

理科(50点 /30分)

社会(50点 /30分)

 

《第2回》

・募集人員

男子約 25 名  女子約 20 名

 

・試験科目 4科目(国語・算数・理科・社会)300点満点

国語(100点 /50分)

算数(100点 /50分)

理科(50点 /30分)

社会(50点 /30分)

 

参照:2022年度 成蹊中学校生徒募集要項(一般入試)

 

【一般入試 (帰国生枠)】

・募集人員

男女合わせて 若干名

 

・試験科目 2科目(国語・算数)200点満点

国語(100点 /50分)

算数(100点 /50分)

面接(受験生本人のみ) 次の要件を全て満たした者。

 

・応募資格

①保護者の勤務の都合で 1 年以上海外に在住した者。

②海外の学校(現地校、日本人学校、インターナショナル校等)に 1 年以上在籍していた 者(幼稚園は除く)。

③2019 年 12 月 1 日以降に帰国した者、または帰国予定の者。

④2008 年 4 月 2 日~2010 年 4 月 1 日までに出生した者。

 

参照:2022年度 成蹊中学校生徒募集要項「帰国生枠」

 

【国際学級入試】

・募集人員

男女合わせて 約 15 名

※状況により 2 次募集を実施することがあります。

 

・試験科目 3科目(国語・算数・英語)300点満点

国語(100点 /50分)

算数(100点 /50分)

英語(100点 /50分)

面接(受験生本人のみ)

 

・応 募 資 格

①保護者の勤務の都合で 2 年以上海外に在住した者。

②現地校またはインターナショナル校(幼稚園は除く)に 2 年以上在籍していた者。

③2019 年 12 月 1 日以降に帰国した者、または帰国予定の者。

④2008 年 4 月 2 日~2010 年 4 月 1 日までに出生した者。

※ 新型コロナウィルスまん延により、予定を早めて帰国された場合は、①・②の期間を 「1 年 6 か月以上」に緩和します。

 

参照:2022 年度 成蹊中学校 国際学級入試 生徒募集要項

 

 

成蹊中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

試験時間50分、大問5~7題構成です。計算問題1題、小問集合1題、残りが応用問題となり、図形問題は2~3題ほど出題されます。難易度の高い問題は出題されませんが、癖のある問題が多くなっているため、過去問を活用して問題形式に慣れておくとよいでしょう。

 

国語の傾向と対策

試験時間50分、大問2~3題構成です。説明・論説文、随筆文、物語文の読解問題と漢字の書き取り問題が出題される傾向にあります。記述問題が頻出のため、過去問や問題集を活用し、読解力、文章表現力を養っておきましょう。

 

理科の傾向と対策

試験時間30分、生物1題、物理1題、化学1題、地学1題の大問4題構成です。生物の難易度が高い傾向にあります。時間をかけすぎて他の問題を取りこぼしてしまわないように注意しましょう。解答形式は用語・数値記入が中心ですが、記述問題も出題されます。「なぜそうなるのか」を問う問題であるため、暗記だけでなく、原理を理解する学習をしておくことが大切です。

 

社会の傾向と対策

試験時間30分で、明治以降の歴史と公民分野から出題される傾向にあります。資料の読み取り問題、記述問題が中心です。地理が大問として出題されることはありませんが、地理の知識が必要になる問題があります。出題傾向が偏っているため、頻出分野を集中的に取り組んでおくとよいでしょう。

 

 

成蹊中学校基本情報

公式サイト

成蹊中学校:https://www.seikei.ac.jp/jsh/

 

基本情報

創立年

1914年

生徒数

821人(高校含む全校生徒:1,805人)(2021年5⽉1⽇現在)

成蹊中学校 所在地情報

〒180-8633  東京都武蔵野市吉祥寺北町3-10-13

教育理念

「個性の尊重」「品性の陶冶」「勤労の実践」の三つの建学の精神に基づき、自ら課題を発見し、解決できる「0to1ゼロトゥワン」の発想が持てる人材の育成をめざしています。

引用元:成蹊中学校・高等学校 学校紹介 建学の精神・教育目標

 

中学校の特徴

成蹊中学校は、中村春二によって創立された成蹊実務学校を母体とし、1914年に創設されました。「人格」「学問」「心身」のバランスが取れた教育を通して、個性や品格、自立精神を身に付け、思いやりを持って社会に貢献できる人材を育成しています。6年間を3つのステップに分けたカリキュラムと生活指導が特徴です。「凝念」と呼ばれる独自の集中法があり、朝礼の際に心を静めるのが習慣となっています。体験学習を重視しており、授業内の実験・実習だけでなく、学外活動や学校行事も充実しています。また、国際教育プログラムが充実しており、留学生との交流も活発です。1年次は帰国生のための国際学級が設けられています。部活動については、運動部は15、文化部は14のクラブがあります。

 

 

オンライン家庭教師Wamの成蹊中学校受験対策

成蹊中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、成蹊中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。