まだ志望校に届いていない ⼩学⽣の保護者様へ

まだ志望校に届いていない
⼩学⽣の保護者様へ

志望校に
逆転合格させます!

E判定から「名古屋女子大学中学校」に
合格するための⼊試傾向・対策

名古屋女子大学中学校を⽬指している⽅へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり⽅が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 名古屋女子大学中学校の偏差値に届いていない
  • 名古屋女子大学中学校で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、中学受験に対して不安も⼤きいと思います。
このページでは、名古屋女子大学中学校に合格するために具体的にどうすればいいのか、
中学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

名古屋女子大学中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2023年4月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

名古屋女子大学中学校の受験対策

難易度

名古屋女子大学中学校は、名古屋市瑞穂区にある併設型私立中高一貫の女子校です。偏差値は51程度となります。卒業生は、名古屋大学や愛知教育大学などの国公立大学、明治大学、立命館大学、名古屋女子大学、金城学院大学などの私立大学への合格実績があります。

入試の特徴・勉強のポイント

名古屋女子大学中学校の入試は、推薦入試、一般入試(A・B)、特奨入試の大きく3種類となります。推薦入試は、自己推薦と塾推薦に分かれていますが、いずれも2教科の学力検査で実施されます(15分程度の事前面談による推薦入試出願許可が必要)。一般入試Aと特奨入試は4教科の学力検査、一般入試Bは2教科の学力検査が課されます。各科目とも教科書の内容を中心に学習し、基本事項を確実に身につけておきましょう。また、どの科目も記述問題が出題されるため、複数年分の過去問を参考に、記述問題についても対策をしておくことが大切です。

 

名古屋女子大学中学校の入試情報

入試科目・配点

【推薦入試】

《自己推薦・塾推薦》

※事前面談(15分程度)により推薦入試出願許可が必要

国語・算数(各50分/各100点)

【一般入試A・特奨入試】

国語・算数(各50分/各100点)

社会・理科(合わせて60分/各50点)

 

※一般入試Aと特奨入試の「W(ダブル)受験」をする場合 2日間で受験した各教科のうち、高い方の得点を一般合格の判定に使用する

【一般入試B 】

国語・算数(各50分/各100点)

 

参照:2023年度 生徒募集要項

 

名古屋女子大学中学校基本情報

公式サイト

名古屋女子大学中学校:https://www.meijodai.ed.jp/

基本情報

創立年

1948年

名古屋女子大学中学校 所在地情報

〒467-8611 愛知県名古屋市瑞穂区汐路町4-21

教育理念

一人ひとりの能力と個性が開花する教育

〜学びは∞(無限大)〜

[子どもの可能性を信じる教育/子どもの夢を志へ高める教育/子どもの志を実現する教育]

引用元:教育目標・理念・方針 | 中学校の紹介 | 中学校 | 名古屋女子大学中学校・高等学校

中学校の特徴

名古屋女子大学中学校は、高い教養と自立心ある女性を育成する中高一貫教育校です。国公立大学受験レベルの学力を6年間で身につけるために、豊富な授業時間をベースに、学年の枠を超えた独自のカリキュラムを編成しています。授業後に希望者が受講する「∞(無限)講座」を設置しており、学問をさらに奥深く探究し、「学ぶ力」を身につけることのできる教科横断的な講座を開講しています。

 

オンライン家庭教師WAMの名古屋女子大学中学校受験対策

名古屋女子大学中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、名古屋女子大学中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。