まだ志望校に届いていない ⼩学⽣の保護者様へ

まだ志望校に届いていない
⼩学⽣の保護者様へ

志望校に
逆転合格させます!

E判定から「名古屋大学教育学部附属中学校」に
合格するための⼊試傾向・対策

名古屋大学教育学部附属中学校を⽬指している⽅へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり⽅が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 名古屋大学教育学部附属中学校の偏差値に届いていない
  • 名古屋大学教育学部附属中学校で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、中学受験に対して不安も⼤きいと思います。
このページでは、名古屋大学教育学部附属中学校に合格するために具体的にどうすればいいのか、
中学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

名古屋大学教育学部附属中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2024年2月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

名古屋大学教育学部附属中学校の受験対策

難易度・偏差値

名古屋大学教育学部附属中学校は愛知県名古屋市千種区にある共学の国立中学校で、偏差値は59程度です。国立学校で唯一の併設型中高一貫校となります。2022年度の入試倍率は、男子が約6.6倍、女子が約8倍と非常に高くなっています。東京大学や名古屋大学、早慶上理などの国公・私立大学への合格者を多数輩出しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

名古屋大学教育学部附属中学校の入試は、科目ごとに分かれた試験ではなく、小学校の学習内容の総合力が問われる検査Ⅰ、作文などで思考力・表現力が問われる検査Ⅱ、面接によって適性がみられる検査Ⅲの3つの検査で選抜されます。検査の配点は、検査Ⅰが100点、検査ⅡとⅢがそれぞれ30点となります。各教科ともバランスよく学習し、作文を書く練習や模擬面接などでしっかりと対策を行いましょう。

 

 

 

 

名古屋大学教育学部附属中学校の入試情報

検査期日 検査Ⅰ、検査Ⅱ 2024年1月6日(土)

検査Ⅲ(面接) 2024年1月7日(日)

募集人員 80名(男子40名、女子40名)
入学資格 次の(1)、(2)の条件をともに満たしていること。
(1)2011年4月2 日から2012年4月1 日までに出生した者。
(2)次の①~③のいずれかに該当する者。
①2024年 3 月に、学校教育法第 1 条に定める小学校を卒業見込みの者。
②2024年 3 月に、学校教育法第 1 条に定める義務教育学校前期課程を修了見込みの者。
③ 外国において日本の義務教育 6 カ年修了相当の教育を受け、日本の中学校に在学し
たことがない者。
応募条件 次の条件をともに備えていること。
(1)本人・保護者ともに本校入学が第一志望であること。
※入学を許可された場合は必ず入学してください。
(2)入学までに、片道通学時間70分以内のところに保護者と居住していること。
※ 片道通学時間が70分を超えている場合には、出願できませんのでご注意ください。
※入学時に応募条件を満たす予定で出願時に片道70分を超えるところに居住している場合は、誓約書を本校ホームページからダウンロードして必要事項を記入のうえ提出が必要となります。
検査内容 検査Ⅰ

小学校で学習する内容の総合力を問います。ただし、英語の学習内容は問いません。
検査Ⅱ

作文等で思考力、表現力を問います。
検査Ⅲ

面接によって適性を見ます。作業をともなうものではありません。

※検査の配点

検査Ⅰ(100点)、検査Ⅱ(30点)、検査Ⅲ(30点)

持ち物 受検票(各自でプリントアウトしたもの)、筆記用具、上履き、靴袋、ゴミ袋、腕時計(通信機能のないもの)
合格発表 2024年1月15日(月)13:30

※参照:2024年度 中学校生徒募集要項

 

 

名古屋大学教育学部附属中学校の科目別傾向と対策

検査Ⅰの傾向と対策

国語・算数・理科・社会の小学校で学習する主要な教科を中心に、総合力が問われる検査となります。副教科から出題されることもありますが、英語は出題されません。各教科ともバランスよく基礎から丁寧に学習し、過去問や類似問題にたくさん取り組みましょう。

 

検査Ⅱの傾向と対策

検査Ⅱは、作文等で思考力・表現力が問われる検査です。基本的な作文の書き方を身に付けて、様々なテーマについての作文練習を行いましょう。書いた文章は先生から添削指導を受け、実践力を鍛えておくことが大切です。

 

 

 

 

名古屋大学教育学部附属中学校基本情報

公式サイト

名古屋大学教育学部附属中学校:https://highschl.educa.nagoya-u.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1952年

名古屋大学教育学部附属中学校 所在地情報

〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町

教育理念

【教育方針】

自由と自主を尊重し、個性と能力の伸長を目指します。

こころ豊かで主体性のある人間形成を目的としています。

確かな基礎学力とそれぞれの生き方をつかませ、自立できる力を育てます。

 

引用元:学校案内 | 名古屋大学教育学部附属中・高等学校

 

中学校の特徴

名古屋大学教育学部附属中学校は、教育学部の附属学校として人間発達科学研究の成果を活用した教育活動を展開しています。一学年2クラスと小規模な学校のため、充実した個別指導を受けることができます。SSHおよびSGHに指定されていたこともあり、理数系の分野で独創的な活躍ができる人、また、世界で活躍できる人の育成にも力を入れて取り組んでいます。

 

 

オンライン家庭教師WAMの名古屋大学教育学部附属中学校受験対策

名古屋大学教育学部附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、名古屋大学教育学部附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。