まだ志望校に届いていない ⼩学⽣の保護者様へ

まだ志望校に届いていない
⼩学⽣の保護者様へ

志望校に
逆転合格させます!

E判定から「栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校」に
合格するための⼊試傾向・対策

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校を⽬指している⽅へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり⽅が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の偏差値に届いていない
  • 栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、中学受験に対して不安も⼤きいと思います。
このページでは、栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校に合格するために具体的にどうすればいいのか、
中学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2024年2月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の受験対策

難易度・偏差値

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校は宇都宮市石井町にある共学の公立中高一貫校で、偏差値は55程度となります。2022年度の入試では、募集定員に対して出願者数が約3.6倍となっています。筑波大学や京都大学、宇都宮大学などの国公立大学や、早慶上理、GMARCHなどの難関私立大学への合格者を多数輩出しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の入試は、適性検査と作文、面接が課されます。適性検査は単なる知識問題ではなく、課題解決能力や思考力、判断力などが問われるため、過去問で出題形式や傾向を把握し、対策を行う必要があります。作文の対策として課題をもとに自分の意見や考えをまとめ、論理的に文章で表現できるよう練習を行いましょう。また、面接では学習への意欲や自分の考えを表現できるかなどがみられます。模擬面接でしっかりと対策を行いましょう。

 

 

 

 

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の入試情報

入学志願資格 県立中学校に入学を志願することのできる者は、保護者(親権を行う者(親権を行う者のないときは、未成年後見人)をいう。)とともに県内に居住する者又は入学時に居住する見込みの者で、令和6(2024)年3月31日までに小学校若しくはこれに準ずる学校を卒業する見込みの者若しくは義務教育学校の前期課程を修了する見込みの者又はこれと同等以上の学力があると認められる者とする。
募集定員 105名
検査期日 令和6(2024)年1月6日(土)
検査方法 適性検査、作文及び面接の結果並びに学習や生活の記録を資料とし、6年間の中高一貫教育で学ぶ意欲、適性等があると総合的に判断される者を入学予定者として決定するものとする。
選考結果通知 令和6(2024)年1月11日(木) 入学予定者選考結果を受検者全員に発送する。

※参照:令和6(2024)年度栃木県立中学校生徒募集要項

 

 

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の科目別傾向と対策

適性検査の傾向と対策

試験時間50分の大問5題で構成されています。思考力や表現力、課題解決能力など小学校での学びに基づいて身に付けた総合的な力がみられます。全体的に、与えられた資料や問題文、会話文から正しく情報を読み取る力が必要となります。算数からの出題が多い傾向にあるため、算数を優先的に学習し、他の教科にも取り組みましょう。複数年分の過去問演習を行い、出題形式や傾向に慣れておくことが大切です。

作文の傾向と対策

与えられた会話文や図を参考に、自分の意見を記述する形式です。記述する際には《600字程度》や《あなたが経験したことに触れる》など条件が付けられています。条件に沿って、筋道を立てて作文を書く練習を行い、書いた文章は学校や塾の先生から添削指導を受けましょう。

面接の傾向と対策

面接は1グループ5名程度の集団面接で、試験時間は約20分となります。集団面接でのマナーや注意点などをしっかりと意識し、先生や家族の協力を得て模擬面接で実践的な練習に取り組みましょう。

 

 

 

 

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校基本情報

公式サイト

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校:https://www.tochigi-edu.ed.jp/utsunomiyahigashi/nc3/

 

基本情報

創立年

2007年

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校 所在地情報

〒321-0912 栃木県宇都宮市石井町3360-1

教育理念

教育目標

1.博く深く知識の修得に努め、自主積極的に事物を究明し、正しい判断力を養う。

2.心身を鍛練して、不撓不屈、堅忍持久、活動的にして、実践力に富む徳性を養う。

3.自他の敬愛と相互協力の理念に徹し、責任を重んじ規律を守り、協調融和の精神を養う。

4.自己を育んだ一切の他力に深く思いを致し、感恩奉仕の信情を高める。

 

引用元:学校案内

 

中学校の特徴

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校は、国際社会に貢献できる創造力やリーダーシップに富んだ人材の育成を目的に開校した県内初の中高一貫教育校です。読書活動や中大連携講座などの教養講座を行う「自彊タイム」、体験学習などを行うリテラシー総合(総合的な学習の時間)等、特色ある教育活動を展開しています。2年次にはイングリッシュキャンプを実施しており、3年次には海外研修に参加することもできます(希望者)。

 

 

オンライン家庭教師WAMの栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校受験対策

栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。