東京農業大学生物産業学部に受かるには?入試情報・偏差値・受験対策

東京農業大学生物産業学部に合格するための受験対策

偏差値・難易度

東京農業大学生物産業学部の偏差値は、学科によって異なりますが40.0~42.5程度となります。大学入学共通テストにおいては、5~6割程度の得点率が求められます。2023年度一般選抜の入試競争倍率は1.3~2.4倍で、B日程の海洋水産学科が最も高くなっています。

 

入試の特徴・合格するための勉強のポイント

東京農業大学生物産業学部の入試は、総合型選抜・学校推薦型選抜・大学入学共通テスト利用選抜・一般選抜・編入学選抜など多岐にわたります。一般選抜については、A日程とB日程の2日程実施され、3科目で合否判定を行います。英語が必須、選択Ⅰは国語と数学から1科目選択、選択Ⅱは学科によって選択できる科目が異なります。募集要項で詳細を確認し、自分に合った入試方式を選択しましょう。

 

〈農学部・応用生物科学部・地域環境科学部と同様〉

 

 

東京農業大学生物産業学部の科目別傾向と対策

国語の試験傾向と対策

試験時間60分の大問2題構成で、解答形式はすべてマークシート方式となります。大問2題とも現代文となりますが、大問2では古文内容も織り交ぜた設問となります。問題文の内容把握に関する問題のほか、漢字や文学史に関する問題も含まれるため、毎日コツコツ学習しさまざまな知識を身につけましょう。また、出題傾向や形式を把握するために、複数年分の過去問に取り組むことも大切です。

 

〈農学部・応用生物科学部・生命科学部・地域環境科学部・国際食料情報学部と同様〉

 

数学の試験傾向と対策

試験時間60分の大問4題構成で、解答形式はすべてマークシート方式となります。数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(数列・ベクトル)のすべての範囲から出題され、大問1が小問集合、大問2以降が単元ごとの問題となります。全体的な難易度は標準レベルとなるため、苦手分野を作らないようにバランスよく学習しましょう。特に、関数、微積分、確率、数列、ベクトルの分野が頻出となるため、重点的に学習することが大切です。また、複数年分の過去問演習で、出題傾向や形式を把握しておきましょう。

 

〈農学部・応用生物科学部・生命科学部・地域環境科学部・国際食料情報学部と同様〉

 

英語の試験傾向と対策

試験時間60分の大問5題構成となります。解答形式はすべてマークシート方式となるため、マーク漏れやマークミスなどのケアレスミスをしないよう注意が必要です。長文読解問題が2題、語彙・文法問題が3題出題されます。全体的な難易度は標準レベルですが、化学や生物に関する内容が出題されることが多いため、過去問演習で出題傾向や形式に慣れておくことが重要となります。また、単語の意味や文法、イディオムなどの基礎知識をしっかりと身につけて、語彙・文法問題対策も充分に行いましょう。

 

〈農学部・応用生物科学部・生命科学部・地域環境科学部・国際食料情報学部と同様〉

 

 

東京農業大学生物産業学部基本情報

公式サイト

東京農業大学生物産業学部:https://www.nodai.ac.jp/academics/bio/

基本情報

創立年

1989年

生徒数

1,460人(2022年05月時点)

教育理念

本学部は、人類生存にとって極めて重要な生物産業(生産、加工、流通・ビジネス)と自然環境との共生をテーマに、これらを取り巻く自然科学的・社会科学的現象を教育研究の基盤とした文理融合の体系的な学びを通して、生命・食料・資源・環境問題に関する深い知識を持ち、持続的循環型社会に貢献しうる人材を養成する。

 

引用元:教育研究上の目的

 

東京農業大学生物産業学部の特徴

東京農業大学生物産業学部は、【北方圏農学科】【海洋水産学科】【食香粧化学科】【自然資源経営学科】の4学科で構成されており、「人物を畑に還す」をモットーにした「実学主義」教育を実践しています。

【北方圏農学科】では、豊かな自然環境に恵まれたオホーツク地域を舞台に、農学、畜産学、生態学、生命科学などを総合的に学ぶことができます。

【海洋水産学科】では、オホーツク海を中心とした水圏に関わる環境及び生態系とともに、水産物の生産・加工・流通の知識を学ぶことができます。

【食香粧化学科】では、生物資源の特性や人体への効果を探求するとともに、その機能性を活用した食品・香料、化粧品の開発・加工の技術を学びます。

【自然資源経営学科】では、環境共生のマネジメントを、オホーツクの恵まれた自然資源や文化施設を活用しながら実践的に学ぶことができます。

 

 

東京農業大学生物産業学部キャンパス情報

北海道オホーツクキャンパス

住所:〒099-2493北海道網走市八坂196

 

 

オンライン家庭教師WAMの東京農業大学生物産業学部受験対策

東京農業大学生物産業学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。

専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京農業大学生物産業学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。

また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。

日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。

さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。

合格に必要な学力を効率的に得ることができます。