大森学園高等学校の高校入試情報・受験対策

大森学園高等学校の受験対策

偏差値・難易度

大森学園高等学校は、大田区大森西にある男女共学の私立高校です。偏差値は学科・コースによって異なり、39~58程度となります。卒業後の進路は学科によって異なり、普通科は東北大学をはじめとする国公立大学や、早慶上理、GMARCH、日東駒専などの私立大学への合格者を多数輩出しており、工業科は神奈川工科大学や千葉工業大学などの4年制大学、専門学校に進学する学生の他、就職する学生が多く、就職内定率100%を誇っています。

 

入試の特徴勉強のポイント

大森学園高等学校の入試は、推薦入試と一般入試の2種類となります。推薦入試は面接試験のみ、一般入試は第1~3回の3日程ありますが、いずれの日程も3教科の筆記試験が課されます。各科目とも基礎から丁寧にバランスよく学習し、苦手分野を作らないようにしましょう。公式HPに昨年度の入学試験問題が掲載されているため、学習の参考に挑戦することが大切です。また、受験するにあたって加点制度があるため、必ず募集要項で詳細を確認しておきましょう。

 

 

大森学園高等学校の入試情報

入試科目・配点

【推薦入試】

面接

 

【一般入試】

〈第1回・第2回・第3回〉

筆記試験:英語・国語・数学(各50分/各100点)

※マークシート方式(普通科は一部記述式)

 

※受験するにあたって 英検準2級取得者50点/英検2級取得者80点を筆記試験の得点に加算。

出願時に合格証書のコピーが必要。特待生には適用されません。

 

 

参照:令和5年度 募集要項

 

 

大森学園高等学校の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

〈2022年度一般入試〉

〇普通科

試験時間50分の大問5題構成で、解答形式はマーク式と記述式の併用となります。大問1・2は四則計算や因数分解、連立方程式、確率、自然数、整数、図形などの小問集合、大問3以降は各単元からの問題となり、平面図形、関数と図形の融合問題、立体図形が出題されます。記述式の問題では、解答だけでなく途中の計算式を書く必要があるため、丁寧に分かりやすい記述を心がけましょう。

 

〇工業科

試験時間50分の大問3題構成で、解答形式はすべてマーク方式となります。大問1・2は四則計算や比例式、1次方程式、因数分解、連立方程式、確率などの小問集合、大問3は図形問題や1次関数、2次関数のグラフ、場合の数などの文章題がさまざまな単元から出題されます。苦手単元を作らないよう、バランスよく学習することが大切です。

 

国語の傾向と対策

〈2022年度一般入試〉

〇普通科

試験時間50分の大問3題構成で、解答形式はマーク式と記述式の併用となります。長文問題2題(論説文・小説)と古文が出題されています。設問の中に活用形や漢字の読み書き問題などが含まれるため、普段からコツコツと学習しておきましょう。読書や過去問、類似問題など多くの文章に触れ、読解力や精読力などを養いましょう。

 

〇工業科

試験時間50分の長文問題2題と古文1題の構成で、解答形式はすべてマーク方式となります。設問の中に文学史や漢字問題、熟語、品詞問題などの知識問題が含まれます。普段からコツコツと学習して多くの知識を身につけ、読書や過去問など、多くの文章に触れておくことが大切です。

 

英語の傾向と対策

〈2022年度一般入試〉

〇普通科

試験時間50分の設問47問構成で、解答形式はマーク式と記述式の併用となります。対話文(内容一致や内容把握)や会話文完成問題(空欄補充)、英文と和文の内容一致問題(空欄補充)、単語の発音問題、慣用表現、単語の誤りを見つける問題、長文読解などさまざまな問題が出題されます。単語の意味や発音、イディオム、文法などの基本事項をしっかりと身につけ、過去問演習で出題傾向や形式を把握しておきましょう。

 

〇工業科

試験時間50分の設問50問構成で、解答形式はすべてマーク方式となります。英文と和文の内容一致問題(空欄補充)や会話文完成問題(空欄補充)、英文完成問題(空欄補充)、整序問題、内容把握問題、長文読解問題などが出題されます。単語の意味や文法、イディオムなどの基本事項を確実に定着させておきましょう。出題形式や傾向を把握するためにも、過去問に取り組むことが大切です。

 

 

大森学園高等学校基本情報

公式サイト

大森学園高等学校:https://www.omori-gakuen.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1942年

大森学園高等学校 所在地情報

〒143-0015 東京都大田区大森西3丁目2番12号

教育理念

建学の精神

「社会に貢献できる有為なる人材を育成する」

 

参照:大森学園高等学校|学園紹介|教育理念

 

高校の特徴

大森学園高等学校は、「普通科」と「工業科」で構成されており、社会に貢献できる有為な人材の育成に取り組んでいます。普通科には〈特選コース〉〈選抜コース〉〈総進コース〉〈英語コース〉、工業科には〈情報技術コース〉〈機械技術コース〉〈電気技術コース〉が設置されています。基礎学力の定着に力を入れており、ICT教育の推進をはじめ、生徒一人ひとりの意欲を引き出すための様々な教育プログラムを導入しています。また、オーストラリア短期海外研修とニュージーランド中期留学の2つの海外研修プログラムも用意されています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの大森学園高等学校受験対策

大森学園高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、大森学園高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。