創価高等学校の高校入試情報・受験対策

※本記事は2022年7月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

創価高等学校の受験対策

偏差値・難易度

創価高等学校は東京都小平市にある私立中高一貫校で、偏差値は70程度となります。競争倍率は例年、約1.4~2倍で人気のある学校です。卒業生の7割は推薦制度により、創価大学や創価女子短期大学へ進学しています。

 

入試の特徴勉強のポイント

創価高等学校の入試は、推薦入試と一般入試の2種類あります。推薦入試では英語と数学の適性検査、一般入試は国語・英語・数学の学力検査が課されます。どちらの入試も受験生のみの面接が実施されるため、家族や先生の協力を得て、事前に模擬面接を行っておくと良いでしょう。

 

 

創価高等学校の入試情報

【推薦入試】

募集人員:普通科 約65名
試験科目:適性検査(英語・数学)、面接(本人のみ)

 

【一般入試】

募集人員:普通科 約70名
試験科目:国語、英語、数学、面接(本人のみ)

 

参照:創価高等学校 2023年度生徒募集概要

 

 

創価高等学校基本情報

公式サイト

創価高等学校:https://tokyo-senior.soka.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1968年

創価高等学校所在地情報

〒187-0024 東京都小平市たかの台2-1

教育理念

「健康な英才主義」
「人間性豊かな実力主義」

 

引用:創価高等学校 教育方針

 

高校の特徴

創価高等学校は、創価学園が運営する私立の高等学校です。「人間力」「対話力」「知力」「社会力」を備えた、創造性豊かな世界市民の育成を目的とした先進的な教育を展開しています。日本語や英語でのディスカッションを中心とした授業を行う「言語技術」や、学年ごとに貧困や人権などのテーマを決めゲーム型教材やディベートなどの手法を使い学びを深める全学年対象の教育プログラム「協調的探究型学習」を実施することでグローバル化が進む社会で必要な言語運営能力や地球的な問題を解決する能力の育成を図っています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの創価高等学校受験対策

創価高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、創価高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。