東京立正高等学校の高校入試情報・受験対策

東京立正高等学校の受験対策

偏差値・難易度

東京立正高等学校は、杉並区堀ノ内にある男女共学の併設型中高一貫校です。偏差値はコースによって異なり、アドバンストコースが56程度、イノベーションコースが52程度、スタンダードコースが50程度となります。都留文科大学、兵庫県立大学などの国公立大学や、東京理科大学、中央大学、國學院大學などの私立大学、海外大学などへの合格実績があります。

 

入試の特徴勉強のポイント

東京立正高等学校の入試は、推薦入試と一般入試の2種類となります。推薦入試は個人面接のみが課され、推薦入試合格者を対象として奨学生判定試験(3教科/クラス編成テストも兼ねる)が行われます。一般入試は、3教科(国語・英語・数学)の学力試験と個人面接が課されます。3教科とも基礎から丁寧に学習し、苦手分野を作らないようにしましょう。また、面接の対策として、先生や家族の協力を得て何度も模擬面接で練習を繰り返し、面接の雰囲気や緊張感に慣れておくことが大切です。

 

 

東京立正高等学校の入試情報

入試科目・配点

【推薦入試】

個人面接

 

〈奨学生判定試験(推薦入試合格者対象)〉

※クラス編成テストも兼ねる

国語・英語・数学(各50分)

 

【一般入試(併願優遇を含む)】

国語・英語・数学(各50分)

個人面接

 

 

参照:2023(令和5)年度 生徒募集要項

 

 

東京立正高等学校基本情報

公式サイト

東京立正高等学校:https://www.tokyorissho.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1948年

東京立正高等学校 所在地情報

〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内2丁目41-15

教育理念

建学の理念

生命の尊重・慈悲・平和

 

参照:建学の精神・理念

 

高校の特徴

東京立正高等学校は、確かな学力の養成を図るとともに、毎週月曜日の「瞑想」や報恩感謝の「情操教育」を通して、豊かな人間性や道徳心を育成しています。コース制となっており、文部両道を実現する〈スタンダードコース〉、持続可能な探究授業を中心に豊かな人間力を育む〈イノベーションコース〉、ハイレベルな学習環境のもと難関大学合格を目指す〈アドバンストコース〉が設置されています。積極的に国際教育に取り組んでおり、1DAYワークショップ「ザ・ヤング アメリカンズ プログラム(高1全員参加)」や「ターム留学(高1~2生希望制)」など、様々な国際教育プログラムを展開しています。また、生徒全員にタブレットを配布し、eラーニング「すらら」や生徒支援システム「Classi」を導入するなどICT教育も推進しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの東京立正高等学校受験対策

東京立正高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京立正高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。