青山学院大学理工学部の入試情報・受験対策

青山学院大学理工学部の受験対策

難易度

理工学部の偏差値は学科ごとに異なりますが52.5~60程度で、青山学院大学の学部内では最も合格のハードルが低くなっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

青山学院大学理工学部の入試は英語・数学・理科の3科目となり、個別学部日程では配点がすべて同じです。そのため、それぞれの科目をバランスよく得意にしておく必要があります。教科書レベルの標準問題も多いので、基礎を固めることが合格へのカギです。

 

 

青山学院大学理工学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

現代文・古文とも出題難度は標準的なレベルとなっています。どちらも問題の内容を理解するためには、語彙力が必須です。現代文では漢字や語彙の問題集を活用して基礎知識を固め、古文は文法や重要古文単語を余すところなく学習しましょう。
※経済学部・経営学部・総合文化政策学部・社会情報学部・コミュニティ人間科学部・教育人間科学部・法学部・国際政治経済学部・地球社会共生学部と同様

 

数学の傾向と対策

難易度は標準レベルで、解答形式はすべてマーク式となります。部分点をもらえる記述式問題とは異なり、ミスなく解答する正確性が必要になります。例年、出題傾向に大きな変化はないので、過去問演習を繰り返し苦手分野をなくすようにしましょう。
個別学部日程の数学では、数Ⅱ・Ⅲ・Bの範囲から記述問題が出題されるので定理や公式などをしっかり理解したうえで、演習問題に取り組むことが大切です。

 

英語の傾向と対策

長文読解問題は自然科学系のテーマで出題されることが多いため、一般的な単語だけでなく理系の専門用語も学習することが大切です。また、分量も1,100語前後とボリューミーなので、同程度の文章量がある問題を多く解き速読力を上げましょう。理工学部特有の「出題される短い英文から推測できる英単語を答える」という発想力と英単語力を問われる問題が出題されるので、過去問演習で形式に慣れておきましょう。

 

地歴公民の傾向と対策

日本史:難易度は標準レベルですが、様々な時代を偏りなく学習することが大切です。教科書に載っている史料だけでなく、資料集にも目を通し、時代背景まで理解するよう心がけましょう。
世界史:標準レベルの問題がほとんどなので教科書を中心に学習し、資料集などを活用して付加知識を習得しましょう。
公民:時事問題が出題されるので、学習する際は歴史的なつながりを意識しその出来事に至る経緯などを考えることが大切です。ほとんどが教科書レベルの標準問題なので、基礎を固め確実に得点できるようにしましょう。
※文学部・経済学部・経営学部・総合文化政策学部・社会情報学部・コミュニティ人間科学部・教育人間科学部・法学部・国際政治経済学部・地球社会共生学部と同様

 

理科の傾向と対策

化学:理論・無機・有機のさまざまな分野から偏りなく出題されます。他分野との複合問題や、構造式・熱化学式の記述問題が頻出なので、過去問演習で形式に慣れておきましょう。
物理:難易度は基礎~標準レベルですが、幅広い分野から出題されます。教科書中心の学習で公式の理解を深め、苦手分野をなくすことが大切です。

 

 

青山学院大学理工学部基本情報

公式サイト

青山学院大学理工学部:https://www.aoyama.ac.jp/faculty/science/

基本情報

創立年

1965年

生徒数

2,694人(2021年05月時点)

教育理念

理工学部は以下の方針に従い、各学科の自由闊達な取り組みのもと、教育及び研究の充実を図ることを目的とする。

01.キリスト教主義大学の特徴である人格教育に特に留意し、社会に対して深い使命感を持つ人間の形成につとめる。
02.豊かな教養、広い視野、公正な判断力を持った科学者、技術者を育成するため、総合された偏りのない教育の実現を目指す。
03.今後の学問、技術、経済の国際交流と発展を考慮し、青山学院の伝統である外国語教育を重視する。
04.専門教育においては、科学・技術の急速な進歩を考慮して、最先端を視野にいれながら、普遍的な教養を身につけさせることを重視する。
05.最先端の研究を実施することによって、人類福祉に貢献する、問題発見・解決能力の高い人材を育成する。
06.これらの実現のために、教育並びに研究においては、学科相互の協力、大学を取り巻く社会との協力を緊密にして幅広い活動を可能とする。

 

引用元:教育研究上の目的

 

青山学院大学理工学部の特徴

青山学院大学理工学部は1965年(昭和40年)に設置され、現在11学科を有し、理学から情報科学までさまざまな学問分野を備える学部となっています。1年次に各分野の基礎を学び、2年次からはそれぞれの専門領域の研究に専念します。また、世界で活躍することを見据え、学部独自の英語教育などを行う「理工学国際プログラム」や、多様な学生の要望に応え、高度な学習ができる「理工学高度実戦プログラム」などを展開しています。
卒業後、約半数は大学院へ進み研究を続けますが、残りの半数はTIS㈱、伊藤忠テクノソリューションズ㈱、富士ソフト㈱など様々な分野・業種へ就職しています。

 

 

青山学院大学理工学部キャンパス情報

相模原キャンパス

学部:理工学部・社会情報学部・地球社会共生学部・コミュニティ人間科学部
住所:〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5丁目10の1

 

 

オンライン家庭教師Wamの青山学院大学理工学部受験対策

青山学院大学理工学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、青山学院大学理工学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。