福山市立大学の入試情報・偏差値・受験対策

福山市立大学の受験対策

偏差値・難易度

福山市立大学は広島県福山市にキャンパスがある公立大学で、偏差値は51~58程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには5~6割以上の得点が求められます。

 

入試の特徴・勉強のポイント

福山市立大学の一般選抜は大学入学共通テストと個別学力検査を実施しています。大学入学共通テストは、5教科6科目もしくは5教科5科目となっているため、早めに対策を行っておく必要があります。また、個別学力試験は総合問題が出題され、読解力や理解力、表現力、思考力などを総合的に評価されます。複数年分の過去問に取り組み、出題傾向や問題形式を把握しておくことが大切です。

 

 

福山市立大学の学部情報

教育学部/都市経営学部

 

福山市立大学基本情報

公式サイト

福山市立大学:https://www.fcu.ac.jp/

 

基本情報

創立年

2011年

生徒数

1055人(2021年5月1日時点)

教育理念

福山市立大学は,大学の使命を達成していくため,次の理念のもとに教育研究を推進していく。

1,持続可能な社会の発展を担う人材の育成

幅広い視野や豊かな人間性を涵養する中で,環境と調和,他者との共生を基本とした持続可能な社会の発展の実現に向けて,自ら課題を発見し,創造的に解決することができる人材を養成する。

 

2,学際的な教育研究による新しい学問の創造

個別の専門領域だけで対応することが困難な現代社会の諸課題に対して,学際的な教育研究を進め,専門分野の融合による新しい「知」の創出をめざす。

 

3,開かれた教育研究拠点としての地域社会への貢献

公立大学の利点を生かし,地域の保育所,学校,施設等と連携し,地域に根ざした実践的な教育研究を進め,地域の教育力の向上をめざす。また,産業界や行政機関等との連携を進め,「福山市のシンクタンク」機能を担うとともに,地域住民に生涯学習等の機会を提供し,地域の文化の向上に寄与する。

 

引用元:大学の使命・理念・目標|福山市立大学

 

大学の特徴

福山市立大学は、教育学部・都市経営学部を置く公立大学です。持続可能な地域社会の発展に寄与する人材を育成するとともに、地域の文化の向上と国際化時代に相応しい地域社会の実現に貢献することを大学使命としています。カリキュラムには、学科ごとの専門教育科目のほか、共通教育科目として「教養科目」「スキル科目」「人間力科目」が設置されており、幅広い分野の知識やコミュニケーション能力、コンピュータ・スキルなどを身につけることができます。資格については、小学校・幼稚園・特別支援学校教諭、保育士、木造建築士受験資格、二級建築士受験資格などが取得可能です。

 

 

福山市立大学キャンパス情報

港町キャンパス

学部:教育学部・都市経営学部

住所:〒721-0964 広島県福山市港町二丁目19番1号

 

北本庄キャンパス

グラウンド

住所:〒720-0074 広島県福山市北本庄四丁目5番2号

 

 

オンライン家庭教師WAMの福山市立大学受験対策

福山市立大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。 専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、福山市立大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。 また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。 日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。 さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。 合格に必要な学力を効率的に得ることができます。