追手門学院大学経営学部の入試情報・受験対策

追手門学院大学経営学部の受験対策

難易度

追手門学院大学経営学部の偏差値は学科および入試方式により異なりますが45~50程度で、追手門学院大学の学部内では標準的な難易度となります。経営学部内では、経営・マーケティング学科の難度が最も高くなっています。また、共通テストでは、6割〜7割得点することが合格の目安です。

 

入試の特徴・勉強のポイント

追手門学院大学経営学部の入試問題は、さまざまな入試方式が用意されているため、自身の得意科目を考慮して選択することができます。難易度は全体的に基本~標準レベル問題の出題となります。入試方式により科目や解答形式が異なりますので、入試要項をしっかりと確認しておきましょう。

 

 

追手門学院大学経営学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

解答形式は英・国総合型のみ記述式で、それ以外の入試方式ではマーク式となっています。出題範囲は古文・漢文を除く国語総合と現代文Bとなります。複数年分の過去問演習で時間配分と出題傾向に慣れておきましょう。
※社会学部・経済学部・地域創造学部と同様

 

数学の傾向と対策

後期日程2教科型(英・数)では「数Ⅰ・Ⅱ・A」の範囲で解答形式が記述式、それ以外の日程・入試方式では「数Ⅰ・Ⅱ・A・B」の範囲で解答形式はマーク式となります。難易度は基本~標準レベルですが、時間配分には注意が必要です。教科書の章末問題を確実に解答できるまで学習し、ケアレスミスをしないよう丁寧に解答することを心がけて過去問演習を繰り返しましょう。
※心理学部・経済学部・地域創造学部と同様

 

英語の傾向と対策

解答形式は英・国総合型のみ記述式で、それ以外の入試方式ではマーク式となっています。難易度は基本~標準レベルとなっており、教科書の基本的な文法事項を幅広く問われます。語彙力と文法力、さらに長文読解問題の精読力を養い、過去問演習で出題傾向に慣れておきましょう。
※社会学部・経済学部・地域創造学部と同様

 

地歴公民の傾向と対策

例年、解答形式はすべてマーク式となっています。教科書で基礎知識をしっかり身につけ、資料集や用語集で知識の理解を深めることが大切です。また、時間配分を意識しながら過去問演習を行い出題傾向に慣れておきましょう。
※社会学部・経済学部・地域創造学部と同様

 

 

追手門学院大学経営学部基本情報

公式サイト

追手門学院大学経営学部:https://nyushi.otemon.ac.jp/education/management/index.html

 

基本情報

創立年

1995年

生徒数

1847人(2021年5月1日時点)

教育理念

経営および関連領域に関する知識の獲得と実践的な経験を通して、企業などの組織に関するさまざまな活動に応用できる能力を身につけた社会的責任感のある学生を養成する。

引用元:経営学部教育目的

 

追手門学院大学経営学部の特徴

追手門学院大学経営学部は、1995年に創設されました。経営学科のみの1学科制で、経営・マーケティング専攻、法務専攻、ビジネス心理専攻、情報システム専攻の4つの専攻があります。経営学の専門知識を修得し、ビジネスの現場で即戦力として活躍できる人材を育成しています。1年次は経営学と会計学を学び、2年次からゼミに所属します。文理を超えたカリキュラムが特徴で、会計学や法律の他にも、現場で活かせる心理学の知識やITスキルを学ぶことができます。実践力を鍛えるための現場学習を重視しており、企業や団体との提携による商品開発プロジェクトや企業が行うボランティア活動を通して、6次産業の取り組みや企業の社会的責任(CSR)などを学びます。資格取得や公務員試験の支援も充実しています。資格については、中学校教員免許(社会)、高校教員免許(公民・商業)、准学校心理士、社会調査士、学芸員、社会教育主事が取得可能です。

 

 

追手門学院大学経営学部キャンパス情報

茨木総持寺キャンパス

学部:基盤教育機構・文学部・国際学部・地域創造学部
住所:〒567-0013 大阪府茨木市太田東芝町1の1

 

茨木安威キャンパス

学部: 経済学部、 経営学部、 社会学部、 心理学部(各学部2年次以上)
住所:〒567-8502 大阪府茨木市西安威2丁目1番15号

 

 

オンライン家庭教師Wamの追手門学院大学経営学部受験対策

追手門学院大学経営学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、追手門学院大学経営学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。