静岡大学情報学部の入試情報・偏差値・受験対策

静岡大学情報学部の受験対策

偏差値・難易度

静岡大学情報学部の偏差値は学科により異なりますが50~55程度で、静岡大学の学部内では比較的合格のハードルは高くなっています。学科内では情報科学科と情報社会学科の難度が高めで、共通テストにおいても7割程度得点する必要があります。

入試の特徴と勉強のポイント

静岡大学情報学部の入試問題は、数学で一部難度の高い問題も含まれますが、全体的に標準レベルの出題となります。学科や入試日程により、受験必須科目や選択科目が異なるため、入試要項をしっかり確認しておきましょう。

 

 

静岡大学情報学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

例年、大問4題構成で、解答形式はすべて記述式となっています。難易度は標準レベルですが、一部難度の高い問題も含まれます。数Ⅲだけでなく、数ⅠA・ⅡBからもまんべんなく出題されます。微積分、ベクトル、数列は頻出となりますので、しっかりと対策しておきましょう。

※理学部(理系数学)・工学部と同様

英語の傾向と対策

例年、大問5題構成となっており、設問もすべて英語になっている点が特徴です。文法問題、会話問題、長文読解問題、自由英作文からバランスよく出題されます。時間配分を意識して、複数年分の過去問演習に取り組み、出題形式と傾向に慣れておきましょう。

※人文社会科学部・教育学部・工学部・地域創造学環と同様

小論文の傾向と対策

資料読み取り型や課題文読み取り型の小論文が出題される傾向にあります。小論文の書き方の基本を身につけて、実際に小論文をいくつも書いて添削指導を受ける、という練習を積み重ねると良いでしょう。

 

静岡大学情報学部基本情報

公式サイト

静岡大学情報学部:https://www.inf.shizuoka.ac.jp/

基本情報

創立年

1995年

生徒数

1082人(2021年5月1日時点)

教育理念

人間の営みと情報技術が調和した豊かな社会の実現を目指す情報学の教育研究を推進し、21世紀の情報社会で先導的役割を果たすことのできる、豊かな専門知識、深い教養と情報倫理、及び総合的な実践力を有する人材の育成を教育目標

引用元:静岡大学:大学紹介 理念と目標・ポリシー 3つの方針(ポリシー) 情報学部

 

静岡大学情報学部の特徴

静岡大学情報学部は、日本の国立大学で初めて設置された情報学を専門とする学部です。最先端テクノロジーが学べる「情報科学科」と、情報メディアや社会コミュニティの調査・分析を通し情報社会デザインを学べる「情報社会学科」の2学科で始まり、現在はデータサイエンスや情報マネジメントが学べる「行動情報学科」を加えた3学科で構成されています。3つの学科はそれぞれ異なるテーマを中心としますが互いに連携しており、「文工融合」を旗印に広い視野から情報学の学びを受けることができます。

 

静岡大学情報学部キャンパス情報

浜松キャンパス

学部:情報学部、工学部
住所:〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3丁目5−1

 

オンライン家庭教師WAMの静岡大学情報学部受験対策

静岡大学情報学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、静岡大学情報学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。