東京工業大学工学院の入試情報・受験対策

東京工業大学工学院の受験対策

難易度

東京工業大学理学院の偏差値は65と高い難易度を誇ります。共通テストでは、7割以上得点することが合格の目安です。学院による難易度の差はありません。
※理学院・工学院・物質理工学院・情報理工学院・生命理工学院・環境・社会理工学院と同様

 

入試の特徴・勉強のポイント

東京工業大学は日本トップレベルの理系大学として有名です。そのため、数学と理科の難易度が高くなっています。教科書や参考書で基礎を固め、応用問題や発展的内容を扱った問題を解く練習をしておきましょう。
※理学院・工学院・物質理工学院・情報理工学院・生命理工学院・環境・社会理工学院と同様

 

 

東京工業大学工学院の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

数学は、複雑で計算量の多い問題、教科書や参考書にも載っていないような問題が複数出題されるため、難易度は非常に高いです。基礎学力をしっかり身につけ、過去問を分析し、時間配分を意識しながら応用問題に挑戦しておきましょう。また、微分積分が例年出題されているため、確実に解けるように対策が必要です。
※理学院・工学院・物質理工学院・情報理工学院・生命理工学院・環境・社会理工学院と同様

 

英語の傾向と対策

英語はここ数年、長文問題2問が出題されています。難易度は標準レベルですが、文章量が多い傾向にあります。2問合わせて2000語以上の長文となることもあるため、単語や文法の知識を強化し長文に慣れておきましょう。
※理学院・工学院・物質理工学院・情報理工学院・生命理工学院・環境・社会理工学院と同様

 

理科の傾向と対策

物理:試験時間120分、力学1題、電磁気学1題、熱力学・波動1題の大問3題構成です。教科書や参考書にも載っていないような問題が多く出題される為、単に丸暗記するのではなく、物理について深く理解しておく必要があります。

化学:理論化学1題、無機化学1題、有機化学1題の大問3題構成です。計算問題、選択問題、正誤問題が出題されます。計算問題は答えだけを回答する形式になっており、計算過程は評価の対象にならないので注意しましょう。正誤問題、選択問題では、正しい選択肢を選ぶ問題が出題されます。正しい選択肢がいくつ含まれているか分からないため、1つの選択肢を見つけ出す消去法は通用せず、正しい選択肢を判断する正確な知識が必要となります。

※理学院・工学院・物質理工学院・情報理工学院・生命理工学院・環境・社会理工学院と同様

 

 

東京工業大学工学院基本情報

公式サイト

東京工業大学工学院:https://www.titech.ac.jp/about/organization/schools/organization02

基本情報

創立年

2016年(教育研究組織の改革により設置)

生徒数

1668人(2021年05月時点)

教育理念

工学院では、幅広い工学的知識の修得を通じて、世の中の未知・未解決の問題、多様化・複雑化する課題に対し、時代に即応した判断力と科学技術を持って対処する能力を修得することを目標としています。 高い知性と豊かな教養、広い視野と深い思考能力を備え、社会と技術の変化に柔軟に適応し、科学技術分野だけに偏らず、工学的叡智を広く社会に応用・展開し、人類と社会の持続的発展に貢献できる国際人材を養成します。

 

引用元:東京工業大学工学院

 

東京工業大学工学院の特徴

東京工業大学工学院は、1年次に多様な教養科目と学院ごとの専門分野の科目を幅広く学修します。2年次から「機械系」「システム制御系」「電気電子系」「情報通信系」「経営工学系」の5つの系に分属し、興味のある分野を専門的に学ぶことができます。工学の基礎原理からIT機器等やロケットなどの文明を支える「ものづくり」まで学べる幅広い教育課程により、国際社会で活躍できる創造性豊かな技術者・研究者・教育者を養成しています。また斬新な発想力と実践力を培うために、「独創機械設計」「大岡山ゑれきてるコンテスト」等の楽しみながら創造性を身につける創造性育成科目が用意されています。

 

 

東京工業大学工学院キャンパス情報

大岡山キャンパス

(学士課程学生のメインキャンパス)
住所:〒152-8550 東京都目黒区大岡山2丁目12の1

 

すずかけ台キャンパス

住所:〒226-8503 神奈川県横浜市緑区長津田町4259

 

田町キャンパス

住所:〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6

 

 

オンライン家庭教師Wamの東京工業大学工学院受験対策

東京工業大学工学院の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京工業大学工学院の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。