鳥取大学工学部の入試情報・受験対策

鳥取大学工学部の受験対策

難易度

工学部の偏差値は学科によって異なりますが45~47.5程度で、鳥取大学では比較的合格のハードルが低い学部となります。機械物理系学科の偏差値が最も高くなっていますが、共通テストの得点率がどの学科も5割程度が合格の目安となります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

鳥取大学工学部の入試問題は全科目通して基本~標準レベルの出題となります。前期日程では機械物理系学科と化学バイオ系学科は科目による配点の差はなく、電気情報系学科と社会システム土木系学科は数学の配点が高くなっています。後期日程では学科試験は数学のみ課されますので、重点的に学習するよう心がけましょう。

 

 

鳥取大学工学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

基本~標準レベルの問題が出題され、数列・微積分・確率が頻出です。教科書を中心に基本事項を本質から理解した上で、過去問演習を繰り返し出題傾向に慣れる必要があります。記述式問題も出題されるので、減点されずに確実に得点できるよう訓練を重ねましょう。
※地域学部・農学部と同様

 

英語の傾向と対策

難易度は標準的で、記述式の設問が多い傾向にあります。単語や文法などの語彙力を高めて、問題文を本質から理解できる精読力を養いましょう。和訳問題では難しい語彙や訳しづらい箇所もあるので、前後の文脈から推測して解答することを心がけましょう。英作文は参考書を活用し、演習と添削を繰り返し行う必要があります。過去問演習で出題傾向に慣れておくことも大切です。
※地域学部・農学部と同様

 

理科の傾向と対策

物理:難度は標準レベルで幅広い分野からまんべんなく出題されます。教科書を中心に基礎を固め、苦手分野を作らないようにしましょう。また、力学と電磁気は頻出なのでしっかり対策を行う必要があります。
化学:基本~標準レベルの問題が出題されます。基礎レベルの問題集を何度も演習しましょう。計算過程が必要な場合もあるので、丁寧に解答するよう心がけることが大切です。
生物:出題範囲が広く、字数制限のある論述問題も出題されます。指定の文字数で簡潔にまとめて論述する練習が必要です。難度はそれほど高くないので基礎の徹底を意識しましょう。
※医学部・農学部と同様

 

 

鳥取大学工学部基本情報

公式サイト

鳥取大学工学部:https://eng.tottori-u.ac.jp/

基本情報

創立年

1965年

生徒数

1,939人(2021年05月時点)

教育理念

「人としての理想を求める工学の追及とそのプロセス、成果に基づく技術者・研究者の育成」

 

引用元:鳥取大学工学部・大学院工学研究科/工学専攻 工学部の理念・目標

 

鳥取大学工学部の特徴

鳥取大学工学部は1965年(昭和40年)に設置され、「機械物理系」「電気情報系」「化学バイオ系」「社会システム土木系」の4学科からなる学部です。「未来の工学(研究)」「わかる工学(教育)」「役立つ工学(実践)」の3つの工学をキャッチフレーズに、ハード・ソフトそれぞれのものづくりに必要な能力を備えた高度な技術者の養成を図っています。1年次の全学部共通科目と学科共通科目、2.3年次の選択必修科目のほか、学部独自の特別講義や企業で実務体験を積むことのできる学外実習などが用意されています。また大学院と連携し、学部と博士前期課程の「6年一貫教育」の体制が整っています。

 

 

鳥取大学工学部キャンパス情報

鳥取キャンパス

学部:地域学部・工学部・農学部
住所:〒680-8550 鳥取市湖山町南4丁目101

 

 

オンライン家庭教師Wamの鳥取大学工学部受験対策

鳥取大学工学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、鳥取大学工学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。