広島修道大学人文学部に受かるには?入試情報・偏差値・受験対策

広島修道大学人文学部に合格するための受験対策

偏差値・難易度

広島修道大学人文学部の偏差値は、学科や入試方式によって異なり37.5~47.5程度となります。大学入学共通テストにおいては、5.5~7割程度の得点率が求められます。2023年度一般選抜の入試競争倍率は1.1~5.5倍で、募集人員の少ない後期日程の人間関係学科社会学専攻が最も高くなっています。

 

入試の特徴・合格するための勉強のポイント

広島修道大学人文学部の入試は、総合型選抜・帰国生選抜・学校推薦型選抜・一般選抜・共通テスト利用選抜・外国人留学生選抜・社会人選抜・編入学/学士入学試験の大きく8種類となります。一般選抜は前期日程と後期日程に分かれており、前期日程は1日につき、受験必須のスタンダード方式、併願可能な高得点科目重視方式と共通テストプラス方式の3つの方式で選抜を実施します。スタンダード方式の試験内容は全学科共通で、国語と英語が必須、地理歴史・公民・数学・理科から1科目選択して受験します。高得点科目重視方式の試験内容は、スタンダード方式で受験した3科目のうち、2科目を使用して合否判定を行います。共通テストプラス方式の試験内容は、スタンダード方式で受験した2科目と大学入学共通テストで受験した2科目の合計点で合否判定を行います。配点や試験時間、その他の入試方式などについては募集要項で確認し、自分に合った入試方式を選択しましょう。

〈人間環境学部と同様〉

 

 

広島修道大学人文学部基本情報

公式サイト

広島修道大学人文学部:https://www.shudo-u.ac.jp/academics/human/index.html

基本情報

創立年

1973年

生徒数

1,187人(2023年5月1日時点)

教育理念

人文学部は、現代社会の課題を理解する能力の育成、コミュニケーション能力の育成、そして情報リテラシーの習得を通して、地球的視野を持つ人材の養成と個性的、自律的な人間を育成することを目的とする。

 

引用元:教育研究上の目的と教育方針(3つのポリシー)| 大学について | 広島修道大学

 

広島修道大学人文学部の特徴

広島修道大学人文学部は、【社会学科】【教育学科】【英語英文学科】で構成されており、各カテゴリーから人間とは何か、どう生きるべきかという問いに挑む学部です。各学科に演習やフィールドワーク、海外留学など実践的な学びの場が用意されており、実社会で生きる専門的なスキルを培うことができます。【社会学科】は、2024年開設予定の学科で、差別や少子化、闇バイトなど現代社会の様々な問題について、社会学に基づき、理論的に分析・考察します。

 

 

広島修道大学人文学部キャンパス情報

キャンパス

住所:〒731-3195 広島県広島市安佐南区大塚東1-1-1

 

 

オンライン家庭教師WAMの広島修道大学人文学部受験対策

広島修道大学人文学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。

専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、広島修道大学人文学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。

また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。

日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。

さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。

合格に必要な学力を効率的に得ることができます。