2020年度から小学校では英語が一つの教科として科目化され、通知表で評価されるようになりました。

その背景には、先日実施された大学入試共通テストにおける英語4技能が評価されるなど、社会全体として英語が求められる時代となっていることがあげられます。

中学生から英語を習い始めるという時代は終わってしまったのです。

 

英語を学習し始めるのに必要不可欠となるのが単語の暗記です。

学校の単語テストのために暗記するのに時間を費やした経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回は今後英語学習をしていく中で必要となる英単語を暗記する方法について記載していきます。

 

 

なぜ英単語を覚える?どのくらいの単語が必要

そもそもなぜ英単語を覚えなければいけないのでしょうか。

英語は「言語」です。私たちが普段から使っている日本語と同じで、知らなければ使えないのです。

 

高校入試では長文読解形式で出題されます。

未習の単語は長文の下のところに意味が掲載されている場合もありますが、覚えていない単語が出てきてしまうと戸惑ってしまい時間が掛かってしまったり、焦って頭が真っ白になってしまったり、ということがあるかもしれません。

そうなることをなくすために、十分な量の単語を覚える必要があります。

 

十分な量の単語と言っても、具体的にどのくらいの量を覚えればいいのでしょうか。

もちろん目標によって様々です。

高校入試だと約2500語と言われています。

大学入試は約4000語、英検4級では約1300語、3級は約2100語、準2級は約3600語、2級は約5000語といった感じです。

「そんなに多くの単語を、一気に覚えられないよ!」となってしまいそうですが、もちろんその通りです。

たった一度に全て覚えられる人はほとんどいません。

一度に覚えるのではなく、コツコツと少しずつ覚えていきましょう。

 

 

 

暗記するためのコツ

反復練習をする

そもそも、なぜ覚えられないのか?ほとんどの人は実際に覚えられていないのに覚えた気になってしまい、そこで終わってしまうからです。

英語を覚えたての中学生は単語帳を「見て」覚えようとすることがよくあります。

もちろんそれで覚えられる人はいいですが、なかなかそうもいきません。

何度もテストをして、間違えて、再び覚えることで身に付いていくのです。

反復練習」ですね。

「覚える→テストをする→思い出す→忘れる→覚える」を繰り返していくことで必ず定着するはずです。

関連付けて覚える

また、いろいろなことと「関連付けて覚える」ことも効果的です。

例えば人の名前を覚えるとき、ただ単に名前だけを見て覚えるよりも、顔写真を見ながら顔の特徴と合わせて覚えたり、実際に話をしてどんな性格の人かなども合わせて覚えたりするとすぐに覚えられますよね。

英単語の場合だと反対の意味の単語、似たような意味の単語、同じような発音の単語など、関連付けて一緒に覚えることです。

いくつかセットにして覚えられると、一つが出てきたときに、他のセットにしていた単語も自然と出てくるくらいになるのが理想ですね。

文の意味と発音を聞いて覚える

文の意味と発音を聞いて覚えるパターンもあります。

「音で覚える」です。

「何歳ですか?」と相手に尋ねるとき「How old are you?」と言います。

中学生になると文法であるとか、一つ一つの単語の意味が・・・とかありますが、幼少期から英会話を習っていた人は「何歳ですか?」=「ハーオーダーユー」と耳で覚えています。

当時は単語の一つ一つの意味を知らなかったり、つづりがわからなかったりするのですが、本格的に文法を習うようになるとすぐに理解できるといったケースもあります。

 

このようにいくつかポイントに分けて考えることで、自分に合った英単語の暗記の仕方が見つかるのではないでしょうか。

 

具体的な暗記法

反復練習をする

では具体的な方法について記載していきます。

一つ目は「反復練習して覚える」です。

と言っても具体的にどうすればいいのでしょうか。

まずは実際に単語テストをしましょう。

すでに知っている単語、定着している単語は覚える必要はないはずです。

初めに何を覚えていて何を覚えていないかをチェックしましょう。

次に間違えた単語は何度も書きましょう。

「間違えた単語は10回書く」など自分でルールを決めると良いですね。

その際に、ただ単に書くだけではなく、発音と意味を口に出しながら書くと良いでしょう。

口に出すことで耳でも聞くことが出来、より深く覚えられるはずです。

覚えるときは少しでも多くの五感を刺激することがいいですね。

そして10回書いて覚え直したらまたテスト、の繰り返しです。

 

関連付ける

次に「関連付けて覚える」です。

対になっている言葉は意味も一緒に覚えやすいです。

例えばbig(大きい)とsmall(小さい)、mother(母)とfather(父)、run (走る)とwalk(歩く)など、挙げていくとキリがありません。

対になる言葉だと2語ずつセットになりますが、複数の単語をグループにして覚えていくと幅が広がっていきます。

家族・親戚のグループであるmother、father、brother(兄弟)、sister(姉妹)、son(息子)、daughter(娘)、uncle(おじ)、aunt(おば)などはひとまとまりにして覚えるといった感じですね。

他にはつづりの意味を理解する方法もあります。

lucky(幸運)とunlucky(不幸)のように「un」がつくと否定の意味になるというようなものです。

他にはplayer(選手)の「er」やmusician(音楽家)の「ian」がつくと「~する人」といった感じです。

いろいろなことと関連付けて、関連する単語が出ると一緒に思い出すことで、単語の意味が定着するようになっていきます。

 

音で覚える

最後に「音で覚える」です。

近年ではスマホの普及によって、多くの情報を気軽に手に入れることが出来ます。

英語の発音もその一つです。

検索サイトや動画配信サイトなどを活用しつつ英単語の発音に触れることが出来ます。

なかなか聞く機会がないからこそ、意識して日ごろから聞く機会を作っていくことで少しずつ英語に慣れていくことが重要です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

「反復練習して覚える」「関連付けて覚える」「音で覚える」の3つのポイントに分けて記載しましたが、ご自身に合った暗記法はあったでしょうか。

英単語を覚えるといっても一朝一夕ではなかなか覚えられません。

とにかく根気強く努力すること、その中で少しでも効率よく勉強できれば、また一つ英語を学習する楽しみが増えそれぞれがレベルアップしていけるのではないでしょうか。

記事一覧TOP