教育学部とは?どのようなことを学ぶのか・主な就職先は?

こんにちは!オンライン家庭教師WAMです(^^)/

今回は【教育学部】についてお話したいと思います。

 

教育学部と言えば、「先生になるための学部」というイメージが強いかもしれません。しかし、教育学部は、単に先生になるために学ぶ場所というわけではなく、様々な可能性が広がっています。

ぜひこの記事を読むことを通して興味を持っていただけたらと思います。

 

 

教育学部とは?

上記で述べた通り、教育学部というのは先生になるための勉強をするだけの場ではなく、様々な分野を通して「教育」について学ぶ場です。教育学部で学ぶことは大きく4つに分けることができます。

 

1、哲学的な視点から教育について考える方法

この学びでは、答えを見つけるということは難しいですが、教育とは何かを考えることを通して教育の本質について考えを深めることができます。教育とは何のためにあるのか、ということについて考察します。

 

2、歴史を学ぶことを通して教育について学ぶ方法

教育における過去の失敗や成功から学ぶことで、失敗を繰り返さないことや成功を引き継ぎ続けることが出来ます。もちろん、教育というのは人間を相手にするので、歴史を学ぶだけでその再現をすることが正しいとは限りません。しかし、参考には間違いなくなるはずです。

 

3、人間学を通して学ぶ方法

人間学とは心理学、文化人類学、言語学などを含み、上の2つが教育というものを概念的にとらえ学ぶのに対して、この勉強方法はより人間に焦点を当てて学びます。

 

4、実践的に学ぶ臨床的な方法

上の3つの方法はあくまで理想を学ぶ場であって、理想的な状況のまま教育が実践できることはあり得ません。より具体性をもった状況でどのように対処すべきかを学ぶ場が必要不可欠であり、その場が最も現場に近い実用的な場です。

 

この通り、教育学が単なる教員養成の場ではないことがわかります。むしろ、教員になるためだけなら教育学部に通う必要はなく、例えば数学の先生ならば*理学部数学科出身の人でもなることができます。

*カリキュラムが教員免許取得に対応している場合

 

次は、どのような職業に就く人が多いのか、について解説します。

 

教育学部に向いている人

人に興味がある

先ほど述べたとおり、教育学部というのは単に先生になるための場ではありません。そこで学ぶことは多岐にわたりますが、どれも共通点があります。それは、「人間」を相手にする学問だということです。例えば経済学部はお金を相手にしますし、法学部は法律を相手にします。教育というのはあくまで人間相手のものなので、教育学部は人間を相手にする学部なのです。なので、教育学部に向いている人の条件の一つとして、人と関わることが好き、もしくは他者に対して関心がある、ということがあるでしょう。

人と関わるのが好きではなく、他者に対して興味があまりないという人は一定数存在しますし、そのこと自体は悪いことではありません。しかしながら教育について考える場において、人と関わらずして、もしくは人に興味を持たずして良い教育を考えることは難しいです。

本をあまり読まない人が文学部に向いていないことや、運動をあまりしない人が体育学部に向いていないことと同じですね。

教育に関心がある

また、ある程度今までの人生で教育を受けてきた人でないと向かないでしょう。

まず、教育を受けてきていないと関心すらわきません。教育について考えるとき、特により良い教育を考えるとき、自身の具体的な経験に基づいた考えが出来ると取り組みやすいでしょう。もちろん、頭がいいことが条件というわけではありません。

例えば部活を頑張っていた人は、顧問や先輩から指導を受けてきたはずで、この人も教育を受けてきたといえます。家庭でのしつけに関心があったり、バイトでの教育に疑問を感じたり・・・。そういった些細なことでも、興味を持っているならば教育を学ぶと楽しく感じるかもしれません。

 

教育学部の主な就職先

教員

教員になるためだけの場ではないと解説しましたが、教員になる人、もしくは教員を目指す人は多いです。公立学校の教員を目指す場合は、都道府県や政令指定都市ごとの教員採用試験に合格することが必要です。また小学校、中学校、高校とありますがどこで教えるかによって教員免許も異なります。私立の学校であれば、学校が個別に採用を行っています。またその他にも、塾講師や予備校講師などの教員になる人も多くいます。

 

教育学部 教員

 

一般企業

一般企業に就職する人も多いですが、その中でも出版業界は学んだことを活かせるため教育学部卒の人におすすめの業界といえます。

どのように学んだことを活かせるかというと、知見を深めた教育について、教科書や参考書を通して携わることが出来ます。また、ビジネス書などほかの書物も「相手に伝える」ということが重要になっていて、これは教育学部で学ぶことでもあります。また受験ガイドや様々な大学の情報をまとめる雑誌などが刊行されていたり、出版業界の中でもできることはたくさんあります。

もちろん、テキストなどの制作に携わらない人も、学んだことを活かせます。これは出版業界に限らないことで、どの企業にも人事部や、人材育成部などがあります。そういった部署では人を相手に教えることであったり、社員のモチベーションなどの管理、新入社員の採用など、教育学部を通して学んだことが活かせる場面が多くあることでしょう。

 

教育学部のある大学

教育学部がある大学はたくさんあります。大学ごとに教育の内容に特色があるので、近いから、行けそうだから、と適当な理由で決めずに、入念な下調べを行いましょう。

また、筑波大学の人間学群教育学類のように、学部や学科という形ではなくとも、実質的には教育学部と同じ学びをする場所があります。以下で、有名な大学を2つ解説したいと思います。

 

筑波大学 人間学群教育学類

筑波大学の人間学類は1872年からルーツがある歴史のある場所です。人間学群教育学類は、ただ教員を育成するというスタンスではなく、教育の本質について俯瞰的に学ぶという、よりアカデミックな姿勢を持っています。

筑波大学という大学が難関であるうえ、この学類の入学定員は35名(2024年度時点)とかなりの狭き門であるといえますが、入学することができれば、少人数である利点を生かした深い学びが期待できます。

教育学部

 

広島大学 教育学部

広島大学教育学部も筑波大学同様歴史ある学部であると同時に、教育に関するあらゆる分野を網羅した全国屈指の学部となっています。幼児教育から生涯教育まで、人の一生に関わる教育を全てカバーし、対応する教育段階の教員を育成しています。

海外へも目を向けており、「グローバル教員養成特定プログラム」など独自の方法で多角的なグローバル人材の育成に尽力しています。このコースでは、高度な語学力を身につけられるほか、グローバルな教育に対応する教育方法やカリキュラムを学ぶことが出来ます。

 

まとめ

いかがでしたか?

教育学部は、先生を目指せることはもちろん、教育というものを深く広く学べる学部だということが分かったのではないでしょうか。

先生を目指す人、教育学に興味がある人は、ぜひ関連する大学のHPなどもチェックしてみてくださいね。沢山比較することで、自分が目指すものが見えてくるかもしれません。

記事一覧TOP