愛知県の高校入試情報・受験対策

愛知県の公立高校受験概要

特別入学者選抜

(1) 推薦選抜の合格者を決定。

「推薦書」、「調査書」等の内容及び面接等の結果を資料として次のいずれかの基準に基づき、総合的に行う。

【普通科】

(ア)人物が優れており、運動、文化、芸術、奉仕活動等の諸活動(特別活動及び総合的な学習の時間における活動を含む。)のいずれかにおいて優れた能力・適性及び実績等を有する者

(イ)人物が優れており、恵まれない環境を克服し、向学心に富み、生活態度が他の模範となる者

(ウ)人物が優れており、「調査書」の「学習の記録」が優秀で、学習活動において他の模範となる者 合格者数は次の通り。

(ア)、(イ)及び(ウ)の合格者数の合計は、当該高校・学科の募集人員の10%程度から15%程度。ただし、全日制単位制高校においては募集人員の30%程度から45%程度。また、(ウ)の合格者数は(ア)及び(ウ)の合格者数の合計の50%以下とし、(イ)の合格者数は募集人員のおおむね5%とする。

 

【農業、工業、商業、水産、家庭、看護、福祉、理数、体育、外国語、国際教養に関する学科及び総合学科】

上記(ア)、(イ)及び(ウ)に次の基準を加える。

農業、工業、商業、水産、家庭、看護及び福祉に関する職業に就く意思を有する者

合格者数は次の通り。

(ア)、(イ)、(ウ)及び(エ)の合格者数の合計は、当該高校・学科の募集人員の30%程度から45%程度。ただし、(イ)の合格者数は募集人員のおおむね5%とする。

 

【音楽及び美術に関する学科】

上記(イ)に次の基準を加える。

(オ)人物が優れており、当該学科の分野で優れた能力・適性及び実績等を有する者

合格者数は次の通り。

(イ)及び(オ)の合格者数の合計は、当該高校・学科の募集人員の30%程度から45%程度。ただし、(イ)の合格者数は募集人員のおおむね5%とする。

 

(2) 海外帰国生徒入学者選抜、外国人生徒及び中国帰国生徒等にかかる入学者選抜ならびに全日制単位制高校にかかる入学者選抜実施校は、当該選抜の合格者を決定。

「調査書」等提出された書類の内容ならびに学力検査のうち国語、数学及び外国語(英語)の成績ならびに面接等の結果を資料として行う。

 

一般入学者選抜

上記特別入学者選抜の(1)及び(2)で合格とならなかった受験者を含めて一般選抜の校内順位を決定。

次の手順で受験者を「A」及び「B」に分ける。

(ア)評定得点は「調査書」の「学習の記録」の評定合計(最高45)を2倍した数値とし、その最高を90円とする。(傾斜配点を行う場合を除く。)ただし、スポーツ科学科は保健体育を1.5倍、音楽科は音楽を1.5倍、美術科は美術を1.5倍、国際英語科及び国際教養科は外国語を1.5倍する。

(イ)学力検査合計得点は、学力検査を実施する5教科の得点の合計点とする。5教科の配点はそれぞれ22点とし、学力検査合計得点の最高を110点とする。(傾斜配点を行う場合を除く。)ただし、国際英語科及び国際教養科は外国語(英語)の配点及び得点を1.2倍する。また、全日制単位制高校は5教科のうち得点の高い3教科の配点及び得点を2倍した上で、傾斜配点を行った3教科の得点と傾斜配点を行わなかった他の2教科の得点の合計(最高176点)を最高110点に換算する。

(ウ)評定得点及び学力検査合計得点による分布表を作成。

(エ)評定得点の累積人数及び学力検査合計得点の累積人数がともに各高校の定める基準人数内にある者について、その他の入学者選抜の資料を総合的に判断した上で、この者を「A」とし、「A」に属さない全ての受験者を「B」とする。

一般選抜の校内順位の決定は、「A」、「B」の順序で、次の資料により総合的に行う。特に(ア)を十分に尊重する。

(ア)「調査書」の記載事項

・「学習の記録」

・「総合的な学習の時間の記録」、「特別活動の記録」、「特別活動以外の諸活動の記録及び特技」、「行動の記録」及び「その他の特記事項」

・その他の記載事項

(イ)学力検査の成績

(ウ)面接等の結果

(エ)その他の資料

・デザイン科、音楽科及び美術科の特別検査の結果

・スポーツ科学科の特別検査の結果及び「スポーツ庁制定新体力テスト記録」

・自己申告書の記載内容(提出者のみ)

ただし、「B」の順位の決定は各高校があらかじめ選択した次の①、②、③のいずれかの方式で得られた数値を基礎資料とした上で、これと上記の資料により総合的に行う。

①. (評定得点)+(学力検査合計得点)

②. {(評定得点)×1.5}+(学力検査合計得点)

③. (評定得点)+{(学力検査合計得点)×1.5}

長期欠席者等の選抜方法の適用者について、「調査書」の記載事項、その他の提出書類ならびに学力検査の成績及び面接等の結果を資料として総合的に判断する。

 

 

愛知県の公立高校の入試問題の傾向と対策

愛知県の公立高校入試は、基本的な暗記や理解が問われます。


英語は長文読解の他に、身近な内容の英作文がよく出ます。
数学は計算問題等の基本問題、図形問題、グラフ作成が多くなっています。
国語は文字数の多い記述問題が出る傾向にあります。
理科はグラフ作成や実験の記述問題が頻出です。
社会は複数の資料を読み取る問題が出題されます。

 

 

オンライン家庭教師WAMの愛知県の高校受験対策

愛知県の高校入試対策はオンライン家庭教師WAMで!
地域密着型の個別指導WAMで蓄積したデータをもとに、愛知県の学校情報に精通した講師陣が効率的な指導を行います。
通学にかかる時間もないので、部活や習い事と両立しながら志望校合格を目指すことが可能!